院長・スタッフからのメッセージ

院長からのメッセージ

私は、松山市で開業している丸尾歯科院長の丸尾傳と申します。

歯科医院での仕事を探している歯科衛生士の皆さん、又、現在お勤めの方の中に 「私 は本当に歯科衛生士に向いているんだろうか?」 「私が本当にやりたかったのは、こういう仕事だったのだろうか?」 「歯科衛生士を目指したのは、本当に正解だったのだろうか?」 という疑問をもたれている方もいらっしゃるでしょう。

先ず、皆さんにお伝えしたいのは、「勤め先を選ぶことは重要だ」ということです。歯科医院はたくさんありますが、どこも同じではありません。その医院によって、診療内容も皆さんが、勤めてからやる業務内容も、全然、違います。

しかし、その違いは働いてみないと分からないことがほとんどなので、どうしても、多くの人は、労働条件、勤務時間の短さ、お給料の高さ、お休みの多さ、通 勤のしやすさ、福利厚生で就職先を選んでしまいます。しかし、そのような条件面だけで、これから、多くの時間を使う職場、仕事内容を選んでしまって良いの でしょうか?

通常、多くの歯科衛生士さんは、働いても、歯科衛生士の仕事にやりがいを感じることは少ないようです。しかし、当院で勤めている衛生士さんは違います。それは、何が違うのでしょうか?

当院の衛生士河野さんは、先日担当の患者様に、「あなたに出会えて本当に良かった。」食べる楽しみ、生きてく喜びを与えて下さったと泪ながらに感謝を伝え て頂きました。 この患者様は癌の闘病で身も心も、そして口の中もボロボロの状態を、ブラッシングから始まり、キュレット、歯周外科、そして、高額な欠損補綴と、くじけそ うな患者様の心をしっかりサポートしてあげながらゴールに向かった結果の、口の健康を取り戻し何でもおいしく頂けるとの喜びの声でした。

自分の担当患者さんを毎日、診ていれば、その患者さんが良くなれば嬉しいし、感謝もされます。悪くなれば、悔しいし、悩むし、勉強もしなければなりません。 歯科衛生士としての資格を生かし、日々努力しながら、人間としても成長していこうという毎日の中で、この様な声に接して衛生士としての仕事へのやりがいや生 きがいが生まれてくるのではないでしょうか?

皆さんは、衛生士として、どのような人生を歩みたいですか?当院は、常に変化を続ける医院です。もっともっと、成長していかなければいけないと思っております。予防中心の医院になることを目指しています。これか ら、皆さんのような情熱を 持つ衛生士さんと一緒に、予防中心の医院を完成させて行きたいと思っております。

そ して、笑顔の患者さんが治療ではなく、予防で医院を訪れ、笑顔と笑い声でいっぱいの医院にして行きたい、そう思っております。そ のためには、他の医院で働く衛生士さんより努力しなければならない事もあるかもしれません。それでも、私達の考えに共感してくださる方と共に、医院とあな たの輝かしい未来に向けて、進んで行きたいと思います。 次は、直接、お会いできる日を楽しみにしております。

医療法人 丸尾歯科 理事長 丸尾 傳


スタッフからのメッセージ

 

皆さんはじめまして、丸尾歯科の衛生士をしている上田です。

私は衛生士になって20数年、丸尾歯科で勤めて早15年以上になろうとしています。衛生士の勤務10年超と言えば長いと感じられる方が多いと思います。年数で言えばベテラン!?なのかも知れませんが、まだまだ学ぶべきことは多く、特に患者様からは毎日教えられてばかりです。

当院では担当衛生士制を導入し、予防を中心に行うことで患者様とのコミュニケーションも以前に比べかなり取りやすくなりました。今では顔も名前もしっかり覚えてもらえ、個人的にお言葉をかけて頂いたり年賀状や暑中見舞いも頂けるようにもなりました。歯科医師のアシスタントや雑務ばかりしている医院でこの様なコミュニケーションは図れないでしょう。

丸尾歯科は予防という本来の衛生士としての役割をしっかり果たせる職場だと思っています。アシスタントだけというのは時間と共に慣れてしまい、いつの間にか退屈だと感じやすく何のやりがいも目標も持てなくなってしまいます。丸尾歯科は他の職場より仕事量も多いし大変な事もあります。求められるレベルも高く、くじけそうになる事もありますが、患者様の笑顔があれば乗り越えられます。

そして去年、念願の「歯周病認定歯科衛生士」(日本歯周病学会)の資格も取得することができました。これからも歯周病のメンテナンスや予防に尽力をつくしたいと思っております。

現在の私の楽しみは、予防を通じて患者様が一喜一憂し喜んでくれる笑顔です。

「子供が出来ても辞めないでよ」

「あなたが居なくなったらどうしたら良いの?」

「上田さんがいるから通えるのよ」

こんな嬉しい言葉をかけて頂けるなんて幸せでしょう?与えるだけの治療ではなく、一緒に努力して健康を取り戻せているんだと実感できます。こんな職場であなたも一緒に働いてみませんか? スタッフ一同心よりお待ちしています。

上田和美(愛媛県立歯科技術専門学校卒)


丸尾歯科で15年働いている衛生士の徳本です。

現在、ドクターのアシスタント業務はもちろん、歯周外科、虫歯予防の管理、ペリオの治療後のメンテナンスなど、幅広く仕事をしています。 担当の患者様も多く、毎日忙しく過ごしています。 忙しい毎日ですが、自分を慕ってくれる患者様にたくさん勇気づけられ、仕事ができています。 15年働いて思う事で すが、ドクターのアシスタント業務だけをする衛生士より、患者様と深いつながりを持って、患者様と一緒になって、健康を取り戻せる衛生士 というのがこれから必要とされる衛生士だと思います。 丸尾歯科は、勉強する事も多いし、辛い事も多いと思いますが、衛生士のやりがいを求めるならいい場所だと思います。

徳本和恵(愛媛県立歯科技術専門学校卒)



皆さんこんにちは。丸尾歯科で歯科衛生士をしている京極です。

私が丸尾歯科に就職しようと決めた理由のひとつに衛生士業務の広さというのがあります。私は歯科衛生士として働くにあたって、バキュームを持つだけ、院長の補助につくだけの歯科衛生士にはなりたくありませんでした。自分自身のスキルアップにもつながるし、仕事にも充実感を得る事ができると思ったからです。

丸尾歯科では、衛生士業務が幅広く、任される治療内容も多いので、技術面のスキルアップと共に、自分で考える力や知識もどんどん身につきます。また、メンテナンス等で患者様と関わる時間も多いので、いろんな方と様々なお話をすることがあります。その中で、「丸尾歯科に通って良かった。」と言って下さる方がいます。その声を聞くと、勉強する事がまだまだ沢山あって忙しいと思うこともありますが、丸尾歯科で働いていて良かったと思えます。

しかし、院長の知識や技術についていくため、そして先輩方に追いつくために、これからも学ぶべきことは沢山あります。解らないことや疑問に思ったことは院長や先輩方が解かりやすく教えて下さいます。最初は大変だと思いますが、いずれ「歯科衛生士」という職業の楽しさを実感できますよ。あなたも一緒に頑張っていきませんか?

京極千咲(愛媛県立歯科技術専門学校卒)



皆さん、はじめまして。丸尾歯科で衛生士をしている川口です。


手先を使う細かい作業が好きだから、そして子どもの時から歯科医院へ定期健診に通っていた私は、進路を決める際に軽い気持ちで衛生士学校を選びました。晴れて衛生士となり、出合った患者さん達から「ありがとう」の言葉をかけてもらうようになると、いつしか衛生士になる事を選んで本当に良かったと強く思うようになりました。そして、技術においても知識においても、もっとステップアップしていきたいと思うようになりました。

そんな時、「丸尾歯科はとても厳しい医院だが、確実に衛生士としてランクアップできる」と聞き、転職を決めました。丸尾歯科に入り、先輩衛生士さん達の技術の高さには本当に驚きました。そして任せられる仕事量の多さ、院長からの指示を待つのではなく自分で考えて行動しているスタッフの方々をみて、改めて自分もこんな風になりたいと思いました。

今はまだ、足を引っ張ってばかりの私ですが、先輩方はそんな私に本当に丁寧に色んなことを教えてくれます。厳しい職場だと思うこともありますが、確実に衛生士としてランクアップすることができると確信しています。 

川口 咲(松山歯科衛生士専門学校卒業)



丸尾歯科で助手をしている脇田です。

私は新卒で丸尾歯科に就職しました。始めは社会人としての自覚もなく、右も左もわからない状態でした。しかし、数年経った今では、社会人として必要な気持ちの切り替え、臨機応変に対応すること、先をみて行動すること等、たくさんのことが身につきました。先輩方の良い見本があり、支えがあってここまで成長できたと思います。

この職場で身につけたことは、ここだけでなく他の場面でも活かせることができるものばかりです。人としても成長できる丸尾歯科で一緒にお仕事しませんか?

 

脇田 好恵



皆さん、初めまして。丸尾歯科で助手・保育士をしている季羽です。

私は歯科で働いた経験はなく、ゼロからのスタートでした。最初は見るもの聞くもの全ての事が初めてで、覚えることの多さに驚きましたが、先輩方が器具の準備や片付けなどから一つひとつ丁寧に教えて下さったお陰で覚えることができました。

また、助手講習会や院内での勉強会に参加させて頂いていることも大変良い経験になっています。

助手・保育士として患者さんやそのお子さんと関わる日々は、楽しくてやりがいがあります。治療のアシストなどまだまだ勉強し、経験をつまなければいけないことがたくさんありますが、出来ることをひとつずつ増やしていけるように頑張っています。

 

季羽 まり子



皆さん初めまして。丸尾歯科で受付をしている桑田です。

私は丸尾歯科に勤めるまでは、教育関係の仕事に就いており、歯科の仕事は全く分らない初めての経験でした。始めは院内で飛び交う言葉が聞き取れず、どうしてよいか分らない状態でしたが、先輩方がどんな忙しい中でもフォローしてくれ、一つひとつ丁寧に教えてくれました。また、衛生士さんが中心になって治療の手順や矯正についての勉強会を開き、素人の私にも分りやすく説明してくれたり、器具を覚えられるようにとカードを作成してくれたりと皆んなのサポートのお陰で徐々に覚えていくことができました。

そして何より受付業務でやりがいを感じるのは、患者さまとのやりとりです。カルテの準備や会計業務、予約受付、電話応対、事務処理…仕事に追われ大変な時もあります。そんな中、患者様から「ありがとう。」「またね。」などお声をかけて頂くことが本当に励みになります。今では患者様の顔や名前も分るようになり、こちらから状況を見てお声かけできるようになってきました。受付が窓口となるので笑顔でお迎えし、笑顔でお帰り頂けるよう心がけています。

今まで経験がないからと悩んでいる方もいると思いますが、丸尾歯科は仕事を通じてスキルを身につけると共に、人間力も磨ける職場だと思います。

 

桑田 千都



丸尾歯科の長老、大鍋です。

私は丸尾歯科で働いて22年が過ぎました。
何の資格もなく、元気だけが取り柄の私がこんなに長く続けることができたのは、院長をはじめスタッフの皆さんの支えがあったからこそです。

私の仕事は技工助手、診察室の準備・片付け、清掃などです。
2年前からは午前中のみの勤務となり、午後からは丸尾歯科が法人会員となっているスポーツクラブでスイミングや水中エアロを楽しんでいます。

丸尾歯科では年齢に関係なくやる気のあるスタッフを募集しています。一緒に働いてみませんか?

 

大鍋 勝子