子どものお口の育て方『食べる姿勢編』

お子さんが食事をする時、どんな椅子に座っていますか?

 

足がぶらぶらしていませんか??

 

足がぶらぶらの状態だと、姿勢が悪くなっているはず。

これではしっかり噛むことができません。

 

足の裏をしっかり着けることで、

姿勢が良くなり、

体幹や頭も安定して

自然としっかり噛むことができます。

 

 

足がぶらぶらの状態で、「よく噛んで食べてね」と言ってもダメなんです。

あまり食べなかった子が、足がしっかり着く椅子に変えただけで姿勢がよくなり、食事に集中してよく食べるようになることもありますよ。

足の裏が着く椅子を選ぶか、難しい場合は台を置いて、食べる姿勢を大切にしましょう!

 

丸尾歯科 保育士兼歯科助手 季羽まり子