入れ歯のお手入れ

こんにちは♩受付兼歯科助手の兵頭です。

毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

今回は、「入れ歯のお手入れ」についておはなししたいと思います\(^_^)/

入れ歯は毎食後に外して歯ブラシで水洗いするのが理想ですが、、、外食や職場など自宅以外での食後に外して洗うのが難しい場合は、ご自宅に帰ってから洗いましょう。

特に部分入れ歯は、複雑な形をしていて汚れがつきやすいです。

バネや金具の内側部分まで念入りに洗いましょう。

 

洗い方ですが、

①入れ歯をはずし、流水下で入れ歯専用の歯ブラシを使って優しく磨いていきます。熱湯で洗うと入れ歯が変形してしまうので、かならず水か35度くらいのぬるま湯にしましょう。

このとき、普通の歯ブラシや歯磨き粉は絶対に使用しないでください!!

入れ歯を傷つけてしまい、そこに細菌が繁殖する恐れがあるので、注意しましょう。

洗う際には、間違って排水溝に流してしまったり、落として破損の原因とならないよう、下に洗面器などを置いて洗うのもオススメです。

②ご自分のお口の歯磨きをおこないます。

ご自身の歯に細菌(プラーク)が付着していたら、せっかく入れ歯をきれいにしてもそのままお口に入れたら、また細菌がくっついてしまうのでやめましょう。

③寝る前に洗った場合、寝ている間は水に入れて保管します。

(場合によっては装着したままの方が良い方もいらっしゃいますのでご相談ください。)

水に入れて保管するときに、できれば、入れ歯洗浄剤を使用して除菌しましょう。

ちなみに、丸尾歯科では「ピカ」という入れ歯洗浄剤があります。

入れ歯には主にカンジダ(カビ菌)と歯周病菌などの細菌が付着しますが、このカビ菌を寝床に歯周病菌が張り付くことが分かっています。

しかし、残念なことにカンジダ菌は水洗いでは落ちません。

「ピカ」はカンジダ菌溶解酵素配合なので、このカンジダ菌を溶かしてくれて、寝ている間にきれいに洗浄してくれるというわけです。

使ってみたい方や購入したい方は、受付や衛生士にお声がけくださいね♩

市販で洗浄剤をお求めになる場合は、できるだけカンジダ菌溶解酵素の入ったものをおすすめします。

◎お手入れの注意点

水に入れて保管する際、熱湯に入れると変形する恐れがあります。

漂白剤など、入れ歯用ではないものの使用は、入れ歯を傷める原因になるので使わないでください。

-----------------

正しいお手入れで、入れ歯を快適に、かつ長く使えるようしましょう♩

入れ歯を使いはじめの頃は合っていても、使っていくうちに口の状態や入れ歯自体の変形により、違和感が出てることがあります。

少しでも違和感や痛みがあれば、お声がけください。

食べることは生きていく上で一番重要なことですから自分のお口に合った入れ歯を使っていきましょう♩

生えたての大人の歯は虫歯になりやすい?!

歯科衛生士の橋本です。

6~7歳は永久歯が生え始めたり、乳歯から永久歯に生え替わり始める時期です。

徐々に乳歯と交換で頭を出し始める永久歯や、乳歯の奥から順番に生えてくるものを含めると、上下で32本もの大人の歯が子供のお口の中には眠っています!

そんな永久歯、

実は生えたてだと虫歯になるリスクが高いことを皆さん知っていますか??

生えたての歯は、歯の表面の【エナメル質】が弱く、虫歯菌の出す酸によって溶かされやすいため、虫歯の進行が早いとされています。

また、特に奥の方に生えてくる永久歯は要注意!

①かみ合わせの溝が深く、複雑な形をしているため汚れが付きやすい

②生えている途中の歯はかみ合わせの歯としっかりとかみ合っていないため、「自然清掃」の効果が薄く汚れが残ったままになりやすい

③お口の奥に生えているので、手前の乳歯に隠れて歯ブラシの毛先がしっかり当たりにくく、磨き残しが多い

など、多くの理由があるんです。

虫歯を防ぐためには、食べ物や食べ方の習慣、適切な予防方法が重要となってきます。

中でも

生えたての永久歯に効果的なのはフッ素を使用すること!

継続的に歯の中にフッ素を取り込んでいくことで、歯自体が虫歯に対する抵抗力を高めていくことが可能です。

生えたての永久歯は虫歯菌の出す酸に影響を受けやすい分、フッ素を取り込む力もぐんと強いので、積極的に使用していきましょう!

フッ素を使ってても、基本的なこととしてやはり歯磨きが重要です。

お子様に自分で磨いてもらった後に、保護者が磨きにくい部分や細かい部分の仕上げ磨きをしましょう。

また、

食べ物や食べ方の習慣も虫歯には関わってくるので、子供の好きな甘いおやつや飲み物にも気をつけましょう!

特に長い間甘い味を楽しめる「アメ」や「キャラメル」などは歯の溝に残りやすいので、なるべく避けた方がいいです。

逆にキシリトール入りのガムは、噛むことで唾液分泌が多くなり唾液によって細菌を洗い流してくれる自浄作用が期待できます。

また、噛むことで顎の筋肉を使うため顎骨の成長が促進し、歯並びが悪くなるのを防ぐこともあるかもしれませんね。

最後に、歯の溝の虫歯を防ぐために有効的な【シーラント】という処置もご紹介します。

フッ素が配合されたレジンで歯の深い溝を埋めることで汚れや食べカスが隙間に入り込みにくくします。

適応年齢や、適応する歯なども変わってくるため、気になる方は病院にていつでもお声掛けください♪

生えたての永久歯が強くなっていくのには2~3年かかると言われています。

この間は特にむし歯予防を心がけましょう。

最終的に永久歯が生えそろうのは13~14歳頃になるため、普段の歯磨きとフッ素の使用を中心に、定期的な歯科検診をおすすめします!

こんな時だからこそ歯みがきが大事

こんにちは。丸尾歯科の冨田です。

日本医科医師会の国民向け動画「こんな時期だからこそ歯磨きが大事!」を紹介します♡

本動画は、豪快で細かいことにこだわらない、いつも明るく元気な料理愛好家の平野さんがリモート撮影して投稿しています。

オープニングでいきなりにんにくをガラスボールの底で叩き割るという演出が平野さんらしい。

ちなみに私は包丁の背で押し割ります^^

平野さんは、「歯みがきをしないと、口の中が汚れ悪玉菌が増え、ウイルスが増殖して細胞に入りやすくなる」などと、新型コロナウイルス感染が懸念され、自宅にいる時間が増えている

“こんな時期だからこそ”

しっかり歯磨きして口の中を清潔に保つこと口腔ケアの重要性、さらにお口が健康であることが免疫力アップにもつながる

と伝えています。

歯みがき以外にも舌ブラシによる「舌掃除」の有効性や、新型コロナウイルス感染拡大で歯医者に行くことをためらっている人には、かかりつけの歯医者に電話で相談することも勧めています。

平野さんのいうように「こんな時期だからこそ、健康のために歯を磨きましょう!」

テンポもよく、動画も1分53秒と見やすいのでオススメです。

日本歯科医師会では「いい歯は毎日を元気に」プロジェクト 国民向け動画を他にも色々と配信していますのでチェックしてみてください!

 

全国で緊急事態宣言が解除されましたが、

当院では当面、感染予防対策のレベルを堅持いつつ、歯科医療の提供をしていきます。

また、第2波、3波を見据えた口腔ケアの実践とご提案を行ってまいります!

子どもの飲み物

 

気温も高くなって、水分補給が大切な季節になりました。

お子さんはたくさん汗をかくので、大人以上にこまめな水分補給が必要ですね。

そんな時に選んで欲しいのはジュースではなく、お茶か水!

 

歯は日常の中で、

カルシウムが溶け出す脱灰と、

再び元に戻る再石灰化

くり返しています。

 

 

 

 

 

糖分を摂ることで細菌が酸を作り出し、お口の中が酸性になると、歯の表面からカルシウムが溶け出し脱灰が進みます。そこから唾液の働きでお口の中の環境が改善されると、再石灰化されて元に戻ります。

このバランスが崩れて、脱灰の頻度が多いと虫歯になってしまいます。

 

つまり、危険なのは…

●お口の中に糖分が入る回数が多いこと!

●だらだらとおやつをたべること!

●ちびちびとジュースを飲むこと!

これらは虫歯になるリスクをぐんと上げてしまうのです。

 

水分補給はお茶か水に。

 

乳酸菌飲料にも砂糖がたくさん入っているので気をつけましょう。

スポーツドリンクに含まれている砂糖にも要注意!

スポーツドリンクよりも経口補水液を選んでくださいね。

 

最後に食事の時の飲み物についてです。

食事中はなるべく飲み物を置かないようにして、食後に飲むようにするのがおすすめ。

食事の時に飲み物があると、あまり噛まずに飲み物で流し込んでしまうことも多いのです。

顎の発達や歯並びのために、流し込まずによく噛んで食べる習慣をつけたいですね。

 

歯科助手兼保育士 季羽まり子

 

キシリトールVS虫歯菌

こんにちは。衛生士の徳本です。

丸尾歯科にもキシリトール100%ガムやキシリトール100%のチョコなどを販売していますが、

今日はキシリトールがどうして虫歯予防になるのかお話していきたいと思います!!

その前にまずは砂糖と虫歯菌』の関係をお話しましょう。

砂糖

つまり「スクロース」は化学的には「グルコース(ブドウ糖)」と「フルクトース(果糖)」という物質が結合してできています。

皆さんが砂糖の入ったものを口にしたときは「スクロース」の形で取り込まれるのですが

そのときお口の中のミュータンス連鎖球菌というむし歯菌がいると、

待ってましたとばかりに飛びついてきます( ゚Д゚)

そして虫歯菌のもつ酵素の働きでスクロースをグルコースとフルクトースに分解されます。

グルコース、フルクトース共に虫歯菌のえさになりますが、グルコースにはえさ以外の働きもあります。

虫歯菌はグルコースをつなぎあわせてグルカンを作り、グルカンはネバネバで歯の表面にしっかりくっつき唾液に流されないようになります。このネバネバの層の中には虫歯菌以外の細菌も入り込んで、たくさんの細菌が存在するネバネバの層が完成します。

これが[バイオフィルム]です。

虫歯菌は邪魔の入らないこの空間で酸を産生し、歯面を溶かし虫歯をつくっていくのです。

では、砂糖(スクロース)ではなくキシリトールに置き換えたらどうでしょう。

まずキシリトールとは糖アルコールの一種で白樺の木に含まれるキシロースを還元してつくられます。甘味度は砂糖(スクロース)の約80%です。このキシリトールが入った食物を摂取すると虫歯菌がえさだと思ってこれに飛び付きます。ですが虫歯菌はキシリトールを分解できないのです。

また、キシリトールにはネバネバしたグルカンをつくるのに必要なグルコースが含まれていませんので、バイオフィルムも作れません。

そして虫歯菌はキシリトールをどんどん取り込むと糖代謝が阻害され虫歯菌の働きが弱くなってしまいます。

そのため長期的にキシリトールを取り込んでいると虫歯菌の繁殖力は弱まっていくのです。

このような事からキシリトールは虫歯予防に効果的と言えるのですが、、、

キシリトールはあくまでも補助的な予防であって虫歯をきちんと予防するには、歯磨きや間食のとりかた、唾液の出を良くする、フッ素を使う、規則正しい食生活をおくるなどが大切なのです。

 

シーラントの役割

こんにちは、歯科衛生士の高木です。

今日はシーラントの役割について少しお話したいと思います。

まずシーラントとは何か、皆さんご存知でしょうか?

シーラントとは、歯の溝の部分が虫歯にならないように
プラスチックで溝をコーティングする処置のことです。

シーラントは、全ての歯に行うのではなく、永久歯の溝が深い奥歯(特に6歳臼歯)や前歯の裏の窪みが深い場合に行います。
特に生えたばかりの永久歯はエナメル質が柔らかいため酸に弱く、虫歯になりやすいため、生え変わりの時期の子供に行うことが多いです。

ではこのシーラント、いったいどのくらいの虫歯予防効果があるのでしょうか?

シーラントをした場合、約60%以上の虫歯予防効果が期待できると言われています。

奥歯の咬みあわせの溝の部分は最も虫歯になりやすい部分です。

そこを物理的に塞いで、細菌が入り込まないようにすることで虫歯を予防しているのです。

また、最近のシーラントはフッ素が含まれているため虫歯予防がより効果的です。

シーラントは絶対に行わないといけない処置ではありませんが、

予防効果は高いので虫歯が心配な方は、自分やお子様の歯をした方がいい歯なのかどうか、

一度歯科医院で聞いてみるといいかもしれません。

シーラントの方法は・・・

虫歯になっているわけではないので歯を削る必要はありません!

通常の虫歯治療よりも患者さんの負担が少なく行えます。

①歯の溝の汚れをブラシや歯石をとる機械できれいに清掃する

②シーラントがしっかり付着するようにお薬を塗り、水で洗い流す

③シーラントを行う部分をしっかり風で乾燥させ、シーラントを溝に流し込む

④光を照射し、シーラントを固める

最後に高さ等確認し、完了です!!

比較的小さなお子さんでも行える処置だと思われますが、

一定時間口を開けておくのが難しいという場合は処置が行えないこともあります。

最後にシーラント後の注意ですが、

シーラントは詰め物同様、とれてしまうことがあります。

かといって硬いものを噛んではいけないわけではありません。

通常通りの食生活でOKです。

とれてしまった場合はまた詰めなおすことが可能ですので、すぐにご連絡ください。。

また、シーラントをしたからといって絶対に虫歯にならないわけではありません。

特に柔らかい食事を好むお子様や仕上げ磨きを必要とするお子様は要注意ですので、

ご自宅でしっかりと歯磨きやフッ化物の使用を行い、

定期的に歯科でのお口のチェックを行いましょう!

コロナ対策

こんにちは!受付の桑田です。

コロナで自粛生活が続いています。みなさんも大変な毎日を過ごしていることと思います。

歯医者に行くのもニュースでも感染リスク高いって言ってたしちょっと心配…という方も多いと思います。

そこで安心してお越しいただけるよう、今丸尾歯科で行なっている対策をご紹介します!

まず、待合室に入る前にインターホンを押してもらい、スタッフが検温と問診にお伺いします。そのあと手指を消毒してもらってから受付となります。

受付、待合室でもソーシャルディスタンスが取れるように印をしたり、椅子を配置したりしています。

以前、ブログで待合室について紹介させてもらったのですが、見比べてもらえたら一目瞭然だと思います。

ドクター、スタッフ一同、感染を予防出来るよう工夫し対策を徹底しています!

ぜひ、安心してお越し下さい!!

 

 

一度治したら虫歯にならない?

こんにちは!

丸尾歯科、歯科衛生士の京極です。

ほとんどの方が今までに虫歯の治療を受けられたことがあると思います。

厚生労働省の調査によると成人の9割以上が虫歯になった経験があるというデータがあります。

みなさんの中にも何度も歯医者へ通って治療を受け、虫歯を治したのでもう安心と思われる方が多いと思いますが、実は、

一度治療をした歯の方が一度も治療を受けていない健全な歯よりも虫歯になるリスクが高いのです。

ではなぜ、一度治療した歯の方が虫歯になりやすいのでしょう?

まずは虫歯になる原因についてお話します。

「歯磨きをしっかりしてるから虫歯にならない」「しっかり磨いているのにまた虫歯ができてしまって、磨き方が悪いからかも…」と思われている方もいらっしゃると思います。

実は、

「歯磨き=虫歯予防」ではありません!

歯磨きで虫歯予防できるのは1割にも満たないのです。

虫歯になる原因には、虫歯菌の数、食生活、唾液量・歯の質などが関係しています。

虫歯菌の数が多い‥酸産生能の強いミュータンス菌やラクトバチラス菌が多いと虫歯リスクが高くなります。

食生活‥甘い物や炭水化物、酸度の高い食品をダラダラ食べる習慣は歯をもろくします。

唾液量・歯の質‥唾液が少ないと虫歯菌が作った酸を洗い流せず、再石灰化が弱くなります。フッ素入りの歯磨剤やジェルを使うことで歯の質が強くなり、耐酸性が強くなります。

虫歯になる原因は一人ひとり違うので、原因が違えば予防法も違います。

原因を調べるのは当院で行える唾液検査(サリバテスト)があります。

虫歯になる原因はお話した通りですが、

次は一度治療した歯の方がなぜ虫歯になりやすいのかについてお話します。

虫歯の治療は虫歯を削って、そこに詰め物や被せ物をして治療します。

一度治療した歯が再度虫歯になるのはこの詰め物や被せ物と歯との間にできた「隙間」が原因です。隙間ができるとそこに汚れ(細菌)が溜まりやすく虫歯になってしまいます。

詰め物にはコンポジットレジン、被せは金銀パラジウム合金(銀歯)があります。

これらは保険適用ですがコンポジットレジンは歯のエナメル質より軟らかいので噛んでいるうちに削れたり欠けたりしてその「隙間」から虫歯になりやすいです。

金銀パラジウム合金(銀歯)は硬く、耐久性はありますが硬いため周囲の歯と一緒にたわまないので周りの歯質が傷んだり、歯ぎしりなどで咬耗(咬みちび)が起きてきますが金属は変わらないので歯と詰め物の間に段差(隙間)ができ、そこから虫歯になってしまいます。

奥歯を白い被せで治すには自費になりますがセラミックになります。最近のセラミックは耐久性も出てきていますが、部分的に被せて境目が咬み合わせにきている場合、歯ぎしりがある方は薄い被せの際が欠けてしまうことで「隙間」が生じてそこから虫歯になってしまいます。

隙間」を生じさせにくい点では、金合金(ゴールド)は硬さが歯と同程度で歯と同じように咬耗し、咬む力が加わることで歯にピタリとフィットして歯に馴染むことで「隙間」ができにくいので、こちらも自費の被せですが虫歯になりにくくおすすめです。

虫歯は治したら終わりではなく、治療した所こそ虫歯になるリスクが高くなります。治療が繰り返されることでご自身の歯がどんどん少なくなり歯の寿命を縮めてしまいます。

ご自身の虫歯リスクを知る為に唾液検査を受けて原因を調べて対処したり、痛い所がなくても定期検診を受けて詰め物の周りのチェックを受け、必要であれば補修をしたり、歯科医院でのクリーニングや歯磨き指導を受けて新たな虫歯を防ぎましょう。

子どもの指しゃぶり、やめさせたほうがいいの?

丸尾歯科、保育士兼歯科助手の季羽です。

今回はお子さんの指しゃぶりのお話です。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時から指しゃぶりをしています。

これは、生まれてすぐに母乳を飲むために練習をしているのです。

生まれるとしばらくの間指しゃぶりをしなくなりますが、生後2ヶ月ぐらいから自分の指がお口の近くに来た時に反射的に吸うようになります。

徐々に自分の意思で手を動かせるようになってくると、、、

自分の指だけでなく、おもちゃなどいろいろなものをお口に入れるようになります

目で見て、手を動かして口まで持ってきて、口に入れて感触を確かめてみるという動きは、とっても大事!

遊びながら、体の協調運動を学んでいるのです!!

1歳までの指しゃぶりは、発達していく中での自然な行動なので、見守ってあげてくださいね。

歩けるようになるとだんだんと減ってきますが、眠い時や退屈な時、また気持ちを落ち着けるために指しゃぶりをすることも多いです。心配されるお父さんお母さんも多いと思いますが、3歳頃までは見守ってみましょう。

3歳頃になり保育園や幼稚園での集団生活の中で社会性が身についてくると、お友達の前で指しゃぶりをすることが「恥ずかしい」という気持ちが芽生えて、自然とやめるきっかけになることもあります。

乳歯が生え揃い、第二乳臼歯(一番奥に生えてくる乳歯)が噛み合うのが2歳半~3歳頃です。

3歳を過ぎてからも頻繁な指しゃぶりが続くようなら、噛み合わせや歯並びに影響が出やすくなるので、やめるようにしていきましょう。

指を吸う力で、歯や顎に力がかかるため、上の歯の歯列が狭くなったり、開咬(上下の歯を噛み合わせた時に隙間が空いている)や、上顎前突(いわゆる出っ歯)に繋がりやすくなります。

それにより呼吸や食事、発音に影響が出て、口呼吸になったり、くちゃくちゃと音を食べるようになったり、舌足らずな話し方になることもあります。

この時に気をつけたいのが、強く注意したり、叱ったりしないこと。子どもにはストレスになってしまいます。

まず指しゃぶりをしているのはどんな時かよく見てみてください。眠い時に指しゃぶりしているのであれば、寝かしつけの時に手を繋ぐようにしてみる。テレビを見たり退屈そうにしている時に指しゃぶりしているのであれば、お話をしたり一緒に遊ぶなど。どんな時にしているかによって、指しゃぶりをしないように気持ちをそらしてみましょう。

また3歳くらいになると、少しずつお話もわかるようになってきます。ただ「やめようね」と言うのではなく、なぜ指しゃぶりをやめてほしいか、お話してみましょう。歯並びへの影響を伝えるのは、お子さんにはなかなか難しいので…「手についてるバイ菌がお口の中に入ってしまうからやめようね」など、お子さんにもわかりやすい言葉で伝えてみてくださいね。

お誕生日や進級をきっかけに、「お兄さんお姉さんになるから、この日にやめようね」と目標を決めてみるのもいいかもしれません。

お父さんお母さんも気になってしまい、ついつい「またしてる!」と注意してしまいがちですが、「一緒に頑張ろう」という気持ちで応援してあげてくださいね。

初めて受診された時の流れ

こんにちは、事務長の亀田です。

今回は、初めて丸尾歯科にお越し頂いた時の流れを簡単に説明します。

①受付で保険証を確認します。

保険証を忘れてしまうと一旦10割で治療費をお支払い頂くことになりますので忘れずにお持ち下さい。(後日保険証を確認しましたらご返金しますのでご安心下さい)

②問診票(当院では予診票と言ってます)を記入して頂きます。

この用紙には、

・来院経緯(今回どうされたのか、何を見て来院されたか)

・既往歴(今までにかかったことのある病気や手術)

・現在受診されている病院

・現在飲まれている薬

などを書いて頂きます。

裏面には治療に関しての希望等を書いて頂きます。

③カウンセリングをします。

問診票を見ながらお話をお聞きします。

小さなお子さんや年配の方など付き添いの方がおられる場合は一緒にお話をしております。

◆お痛み等症状(しみる、欠けた、取れた、腫れた、親知らずを抜きたいなど)がある場合

1)どこの辺りがいつ頃からどのような感じでその症状になったのか簡単にお聞きしています(診療室に案内後、お口の中を見ながら詳しく確認します)

2)治療に関しての希望を確認します

   ・症状のあるところのみ希望か、全体治療希望か

   ・いつまでに治療を終えたいか

   ・痛みに弱いとか麻酔が苦手など

 ◆症状がない場合(検診、矯正、口臭外来など)

  1)検査の流れを説明します。

  2)矯正、口臭外来は保険外の診療になりますので検査の費用の説明をします。

④お口全体の検査の流れの説明をします

 1)お口の中の写真を撮ります。

  歯ぐきの炎症や磨き残しなど最初の記録になります。

 2)お口全体のレントゲン写真を撮ります。

  今までの治療の状態や治療必要なところがないか、歯ぐきの中の骨の状態の確認をします。

 3)歯ぐきの検査

  歯周病の程度の確認になります

 4)むし歯のチェック

  当院は機械を使ってチェックしています。(症状がなくてもむし歯になっている場合があります)

 5)ドクターがお口の中を確認します。

20200121_185202.jpg

◆症状がなければお口全体の検査を進めますが、症状があって治療が必要な場合には一部検査が後日になる場合がありますが、いずれにしても皆さんのお口の検査はさせて頂いております。

◎皆さんに

 今まで歯医者で嫌な思いをしたことがあればとお聞きしています。

これは、同じ嫌な思いをしてほしくないからです。

 少しでも安心して治療を受けて頂く為に、些細なことでも気になることや心配なことがあればお話下さると助かります。