ハッチリーマーを用いたインプラント埋入法

公開日: 

こんにちは。丸尾尚伸です。

7/22、大阪にてセミナーに参加してきました。

「TM Sinus Lift Kit®とHatch Reamer® Exp.を用いた新しい低侵襲・経歯槽頂上顎洞挙上手術」

 

上あごの臼歯部分のインプラント治療では、上顎洞(鼻の横の骨の空洞)と近接している症例が多く見られます。

 

その際に上顎洞底粘膜を剥離挙上(ソケットリフト)してインプラントを埋入する空間を作ることが必要になります。

 

挙上する時には粘膜を傷つけず、骨に穴を開ける処置が必要になります。

 

【上顎洞底粘膜剥離挙上術】

 

今回、紹介されたハッチリーマーは、洞粘膜に接することなく骨に穴を開けることが可能で、さらに洞粘膜の剥離の実習を受けてきました。似たような機能の器具を当院でも使用していましたが、細かい所など質問できていろいろと有意義なセミナーでした。

 

松山に負けず劣らず、大阪も記録的暑さでした。皆さんも水分摂取など熱中症対策を万全に。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑