『待ちから攻めの採用へ』セミナー報告

公開日: 

寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

当院では今まで以上に患者さまに対して充実した医療を提供するために、スタッフの増員を課題としているので、まず今年初のセミナーは採用に関しての内容を受講しました!

GUPPYという、歯科業界では有名な求人会社主催のセミナーに参加。

衛生士の求人は2022年にはなんと20倍以上の有効求人倍率という現状、つまり1人の衛生士に対して20件以上の歯科が募集をかけている状況なのです。

この状況で、ハローワークや求人誌にただやみくもに掲載し、募集を待っているだけでは良い求人はできないということを詳しく教えていただきました。

待っているだけではなく、攻めの求人を成功させるには、消費者が商品やサービスを購入するまでの心理状態のプロセスを法則化したAIDMAモデルに即した求人が必要になります。

スカウトメールを個別に合わせて送信したり、学校へのアプローチの方法を工夫したり、SNSを活用して院内の雰囲気を伝えたり…etc.

また採用できたらそこで終了ではなく、そこがまさにスタートライン。

入職してくれたスタッフをしっかりと育てていくためにも、具体的な育成プランを作成して、より良い人材が辞めずに辞めずに長く勤めてくれる医院を目指していきたいと思っています!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑