舌の表面が真っ白!!これってなぁに?

丸尾歯科 歯科衛生士の上田です。

皆さんは、毎日、歯磨きして歯をきれいにしてますが、、、

でも、お口をあーんと開けて鏡を見た時に、まず目に飛び込んでくるのは舌(べろ)ではないでしょうか?

この舌をよーく観察してみましょう!

ほんのりピンク色ですか?それとも真っ白黄色茶色

今回は健康な舌と汚れた舌の違いについてお話しましょう

「健康で、きれいな舌」は、↓↓↓

全体がほんのりピンク色で表面に小さなつぶつぶの突起があります。

このつぶつぶ突起は舌乳頭といい、舌の表面には4種類の乳頭に分けられます。

舌乳頭の中に味を感じる味蕾(みらい:味細胞)が存在していて、この味蕾細胞が食べ物の甘いしょっぱいなど感じています。

逆に、「汚れが溜まった舌」は、↓↓↓

舌の表面に白いコケのようなものが付いています。

これは、歯にくっつく歯垢と同じ「ばい菌」の塊です!!

さきほどお話しした舌乳頭と味蕾もコケで覆われています。

これでは美味しいご飯も本来の味を楽しめませんね。

それだけでなく、味覚が弱くなるので食事の味付けも濃くなり、身体にもよくありませんよね。

クリーニング方法は・・・

コケをお掃除して取り除けば良いということになりますが、歯についたばい菌は歯ブラシや歯間ブラシで磨けば落とせます。舌の清掃も、同じばい菌なので磨くと良いのですが、

歯磨きのついでにそのまま歯ブラシでゴシゴシ磨いていませんか?

歯ブラシでこすってしまうと舌の表面の粘膜を傷つけてしまい、目に見えない微量な出血を起こし、この血液を餌にばい菌が群がり口臭の原因となることや、舌乳頭が剥がれたり角化してみ買う障害を引き起こしたり、最悪舌ガンの危険性も・・・・・

ですから、歯ブラシなどで不用意に舌を磨かないよう気をつけましょう。

当院では、清掃に使用するのは、舌みがき専用の「舌ブラシ」をおすすめします!!

ヘラタイプもありますが、舌乳頭は細長いヒダヒダが密集しているのでヘラはヒダヒダの奥まで届かず上から撫でるだけであまり清掃効果はありませんので、当院では舌ブラシをおすすめしています。

詳しい使い方は動画をご覧ください↓↓↓↓↓

でも、舌ブラシって難しそう!と思ったかたは・・・

ガーゼによる清掃が簡単で行いやすいです。ガーゼを水で湿らせ軽く絞ったら、人差し指に巻きつけて使います。

他にも舌清掃専用のガーゼもありますので、こちらを使えば便利です。

使用方法はこちらの動画をご覧ください↓↓↓↓↓

 

 

口臭の原因のほとんどがお口の中に潜む細菌によるもので、その中でも舌苔が70%以上占めています。

歯磨きで歯に沈着したプラークを除去するとともに、舌清掃して舌垢を除去することで口臭は激減します。

新型コロナウイルス感染予防で今後もマスク生活が続くでしょう。

マスクをしていて自分では気付かなかったけど口臭が気になった方も多いと思います。

この機会に歯磨きと舌清掃を行い、快適なマスク生活を送ってみませんか?

義歯(入れ歯)ができるまで

こんにちは!丸尾歯科・技工士の池山です。

暑い日が続きますが、皆さまお変わりないですか?

歯を失ったときの選択肢には、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントなどがあげられます。

今回は、『入れ歯』についてお話しますね。

丸尾歯科には2人の技工士が居りますが、入れ歯の製作は専門の技工所へお願いしています。

開業当時からお付き合いのある、スーパーベテラン技工士さんです!!安心して、おまかせ下さい。

入れ歯の種類は2種類

入れ歯には、総義歯局部義歯(部分入れ歯)があります。

総義歯は歯が一本もない場合で、粘膜が噛む力を受けます。

局部義歯は一部歯が残っている場合で、歯と粘膜が噛む力を受けます。

残っている歯の本数や位置、状態により形状が異なり、義歯は喪失した歯に代わる人工歯と義歯床、そして歯に固定するクラスプと言われるバネでできています。

義歯床は一般的にアクリルレジンという樹脂(プラスチック)でできています。

入れ歯には健康保険で作製できるものと、自費で作製するものがあります。色んな選択肢があるので、お気軽にお尋ね下さいね。

入れ歯の作り方

さて、作り方ですが…。

①個人トレーの製作

欠損している歯が多い場合に作ります。

②精密印象(型採り)の採得

トレーを使って、型どりをします。

③作業模型と咬合床の製作

場合により、噛み合わせをとるための咬合床を作ります。

④咬合採得

口腔内で噛み合わせをとります。この時、人工歯の歯の色や形を合わせます。

⑤咬合器装着

クラスプを製作し、人工歯を並べて入れ歯の形を作ります。

⑥試適(仮あわせ)

お口の中で問題ないかを確認します。

⑦完成!

試適した入れ歯を、仕上げて研磨します。いよいよ口腔内にセットされます。

入れ歯は失った歯のかわりです。ですが、失った本数が多くなれば多いほど入れ歯は大きく異物感がでます。

初めてお使いの方は慣れなくて使わなくなる方もいますが、

      必ず慣れてきます!!

慣れるまでは我慢も必要!

でも、歯ぐきに入れ歯が当たって痛いのは我慢しないで歯医者さんに調整して合わせてもらいましょう!!

痛くて我慢していると傷が大きくなって入れれなくなるので、少しでもおかしいなと思ったらお電話ください。

他にも、使用していて床が割れたり、人工歯が欠けたり、人工歯がなくなったりした場合…

修理は院内の技工士が、すぐに直せますのでご安心下さい!

入れ歯をお使いの方、何か気になる点があれば、スタッフにいつでもご相談くださいね〜!!

歯みがきすると歯ぐきから出血するとき・・・

歯科衛生士の山口です。

歯磨きをしていて、歯ぐきから出血したことがあるという人は少なくないと思います!

歯磨き時の出血は炎症によるものがほとんどで、歯肉炎、歯周病の症状のひとつです。

健康な歯茎は、歯磨き後に出血が見られることはほとんどありません。

歯肉炎、歯周病の原因は歯と歯茎の境目にプラークが付着し、そこに歯周病菌が住み着き細菌の出す毒素に反応して炎症が起こっている状態です。

炎症を起こし腫れた状態では、機械的刺激に弱くなり、歯磨きのわずかな刺激で出血を引き起こします。

まずは、原因になっているプラークと細菌を歯ブラシで取り除けば炎症が治まり出血しなくなります。

出血するからといって歯磨きを中止すると、

さらに炎症が進行し出血しやすい状態に陥ります。

出血する箇所ほど丁寧に時間をかけてブラッシングしましょう♪

ただし、強く磨くのはかえって逆効果!

軽く歯ブラシの毛先を使って、歯茎をマッサージするように優しく汚れを取る事が大切です。

歯並びの状態によってもプラークが残りやすい部分があり、歯肉炎や歯周病になりやすい部分もあります。

徐々に腫れや痛みが少し治まってきますが、歯磨きをしっかりしてもなかなか出血が治まらないことがあります。

自分では磨いているつもりでも歯ブラシの毛先が正しく当たっていなかったり、歯と歯茎の境目に歯石が付着して、歯ブラシが届かない状態になっている場合です。

そんな時には・・・

歯科医院で正しいブラッシング方法と補助的清掃用具(歯間ブラシやフロス)の使い方を教えてもらう

それから、歯石を取ってもらい歯周病治療を受けましょう。

歯石を取り、歯周病治療を受け、定期的なメインテナンスを続けると歯茎の出血は治まります。

そして、しっかりと正しい歯磨きを継続してください。

最後に一番大切なことは、

定期的に歯科医院でメインテナンスを受けること

「別に痛みは無いし、少し出血するだけだから……」と放置してると、

歯周病で歯を失ってしまい取り返しのつかないことになる場合もありますので気をつけましょう!

銀歯の作り方

こんにちは。丸尾歯科技工士の安波です。

銀歯の被せや詰め物ってどうやって作ってるんだろう?

知ってる人は殆どいないと思いますので、今回は銀歯の作り方をご紹介したいと思います。

 

①治療の際、患者様の歯を削った後、印象(歯型)を採ります。

 

②採った印象に石膏を流し入れます。石膏の歯の模型を作ります。(患者様の歯の形が精密に再現されています。)

 

③その模型上でワックスアップと言われる作業をします。

ワックス(ロウ)を用い、削られた部分に盛り足ししながら、元の歯の形を再現すべく、ちょうど良い形になるように作っていきます。

 

④ワックスアップが出来たら、金属を流し込むためのスプルーを付けます。写真の飛び出した円柱状の棒のようなものがスプルーです。

 

⑤スプルーを下に向け円錐台に取り付けます。

 

⑥円錐台に金属のリングを取り付け、埋没材を流し入れます

 

⑦埋没材が固まったら円錐台から外し、700位の電気炉の中に入れ、ワックスを焼却します。(リングの埋没材の中に歯型の空洞が出来ます。)

 

⑧十分加熱したリング(埋没材)の空洞の中に、遠心鋳造機という機械を使って、ガスバーナーで溶かした金属を鋳込みます

 

⑨冷えるまで待って埋没材から取り出します。

 

⑩取り出した歯のの金属(被せや詰め物)を綺麗に研磨したら完成です。     

 

以上が保険でできる銀歯の作り方です。

こんな小さな銀歯をひとつ作るのにいくつもの作業をしているんです。

これでおおよそ窓口負担3000円くらいです。

色々、技術が進歩して製品の殆どがオートメーションで作られる現代において、ほぼ100%カスタムメイド、手作りで作られています。

昭和の時代から作り方は変わっていません(^。^)

世界的にみても銀歯を入れているのは日本人くらいになってきましたが、日本から銀歯がなくなるのはまだまだ先になりそうです・・・

毎日の歯磨きのお供に「高濃度フッ素入り歯磨剤」

こんにちは、歯科衛生士の藤田です!

今日は毎日の歯磨きのお供、歯磨剤についてお話しします!

歯磨き粉をなんとなく選んでいる方必見です!!

歯磨剤にはいろんな効果がありますが、むし歯予防、歯周病予防、口臭予防、ホワイトニング効果を狙ったもの

などなど、目的によって使い分けている方は少ないと思いますが、

なかでも、しっかり虫歯を予防して歯をいつまでも健康で保ちたいなら、

今日からでもフッ素配合歯磨剤の使用をオススメします!!

現在、販売されているほとんどの歯磨剤には、フッ素が含まれています。

フッ素は歯の表面のエナメル質をコーティングして歯質を硬く丈夫にしてくれ、虫歯菌から守ってくれます。

また、歯の成分(カルシウムやリンなどの無機質)が溶けだして脱灰した部分も、フッ素の力で修復してくれます。

ということは・・・高純度・高濃度のフッ素が配合された歯磨き粉を使用すれば、より虫歯予防に効果的だということですね。

しかし!

つい最近まで、日本で販売されていた歯磨剤には、海外と違ってフッ素濃度は1000ppm未満しか含まれてませんでした。(海外やWHOでは1500ppmまでは使用して良いとなっています)

基本的にはどれも低濃度なので、毎回の歯磨きに使うなど頻度を多くしないと効果が続かないという欠点がありました。

そこで、日本でも2017年3月17日から1000~1500ppmの使用が厚生労働省により認められ

海外と同じ基準で販売されるようになり、ご家庭でもかなりの確立でむし歯予防が出来るようになりました!!

同じ歯磨剤を使うのであれば予防効果が高いものを上手に選びたいですよね!

☆歯磨剤を選ぶポイント☆

1. フッ素濃度をチェック!!

  大人は1000ppm以上、1500ppm以下、

  子供は500~1000ppm以下

  (年齢や体格により濃度の違いがありますので歯科衛生士にお尋ねくださいね。)


2. 研磨剤が入っているかをチェック!!
   歯の表面をツルツルにする目的の研磨剤ですが、

   使い方によっては歯のエナメル質をも傷つけてしまうので低研磨のものをオススメします。

   低研磨のものでも毎日丁寧に磨くことでツルツルに仕上がります。

3. 発泡性をチェック!!
   泡立ちが良すぎると磨けた気になったり、歯の表面や隙間を隠してしまうので、まんべんなく磨くことが出来ません。

   低発泡のものを選ぶことでフッ素濃度は変わらず、鏡でしっかり確認しながら隅々まで磨くことが出来るのです。

 

この点を踏まえて丸尾歯科でオススメしている歯磨剤が

『チェックアップスタンダード』

です。

歯科専売品でありながら、リーズナブルな価格です。

フッ素濃度が日本で認可されている最大の1450ppmなのはもちろんですが、

低刺激・低香料・低研磨三拍子揃っているので、歯の表面であるエナメル質にとことん良い歯磨剤です。

     チェックアップスタンダード

 

これ以外にも、各種フッ化物配合のものを取り揃えていますのでお気軽にご相談ください。

毎日の歯磨きによりフッ素の力で歯のエナメル質を強化、修復していつまでも虫歯のない丈夫な歯を保ちましょう。

ぜひ、ご自分に合ったピッタリのフッ素配合歯磨剤を見つけてくださいね!

 

抱っこの仕方

 

出産して間もないお母さんや、妊婦さんにもぜひお伝えしたい、

抱っこの仕方のお話です。

 

正しい抱っこの仕方は、

赤ちゃんのお口が閉じる姿勢です。

〇 良い例

このように、首が反らないように支えるだけでなく、赤ちゃんの太ももが保護者と接するようにまぁるく抱っこしてあげましょう。

腰が安定すると頭も安定し、

自然とお口が閉じる姿勢になります。

 

抱っこひもを使う時には、赤ちゃんを抱っこする高さに気をつけましょう。

赤ちゃんの位置が下に下がるとお口が開いてしまいます。

〇 良い例

 

✖ 悪い例

 

保護者の背中の留め具が脇の位置にくるように、ひもの長さを調節しましょう。

 

頭が後ろに反る状態は、頭の重さで首の骨に負担がかかってしまい、赤ちゃんにもしんどい姿勢です(>_<)

自分で姿勢が作れない赤ちゃんの頃から、抱っこの仕方によってお口がポカンと開くことが習慣になってしまうと、口呼吸に繋がってしまいます。

✖ 悪い例

 

口呼吸は、鼻呼吸に比べて風邪をひきやすくなりますし、お口が乾燥して唾液が少ない状態になると、虫歯や口臭の原因にもなってしまいます。

お口の健康、全身の健康のためにも抱っこの仕方に気をつけてあげたいですね(^-^)

 

丸尾歯科 保育士兼歯科助手 季羽まり子

入れ歯のお手入れ

こんにちは♩受付兼歯科助手の兵頭です。

毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?

今回は、「入れ歯のお手入れ」についておはなししたいと思います\(^_^)/

入れ歯は毎食後に外して歯ブラシで水洗いするのが理想ですが、、、外食や職場など自宅以外での食後に外して洗うのが難しい場合は、ご自宅に帰ってから洗いましょう。

特に部分入れ歯は、複雑な形をしていて汚れがつきやすいです。

バネや金具の内側部分まで念入りに洗いましょう。

 

洗い方ですが、

①入れ歯をはずし、流水下で入れ歯専用の歯ブラシを使って優しく磨いていきます。熱湯で洗うと入れ歯が変形してしまうので、かならず水か35度くらいのぬるま湯にしましょう。

このとき、普通の歯ブラシや歯磨き粉は絶対に使用しないでください!!

入れ歯を傷つけてしまい、そこに細菌が繁殖する恐れがあるので、注意しましょう。

洗う際には、間違って排水溝に流してしまったり、落として破損の原因とならないよう、下に洗面器などを置いて洗うのもオススメです。

②ご自分のお口の歯磨きをおこないます。

ご自身の歯に細菌(プラーク)が付着していたら、せっかく入れ歯をきれいにしてもそのままお口に入れたら、また細菌がくっついてしまうのでやめましょう。

③寝る前に洗った場合、寝ている間は水に入れて保管します。

(場合によっては装着したままの方が良い方もいらっしゃいますのでご相談ください。)

水に入れて保管するときに、できれば、入れ歯洗浄剤を使用して除菌しましょう。

ちなみに、丸尾歯科では「ピカ」という入れ歯洗浄剤があります。

入れ歯には主にカンジダ(カビ菌)と歯周病菌などの細菌が付着しますが、このカビ菌を寝床に歯周病菌が張り付くことが分かっています。

しかし、残念なことにカンジダ菌は水洗いでは落ちません。

「ピカ」はカンジダ菌溶解酵素配合なので、このカンジダ菌を溶かしてくれて、寝ている間にきれいに洗浄してくれるというわけです。

使ってみたい方や購入したい方は、受付や衛生士にお声がけくださいね♩

市販で洗浄剤をお求めになる場合は、できるだけカンジダ菌溶解酵素の入ったものをおすすめします。

◎お手入れの注意点

水に入れて保管する際、熱湯に入れると変形する恐れがあります。

漂白剤など、入れ歯用ではないものの使用は、入れ歯を傷める原因になるので使わないでください。

-----------------

正しいお手入れで、入れ歯を快適に、かつ長く使えるようしましょう♩

入れ歯を使いはじめの頃は合っていても、使っていくうちに口の状態や入れ歯自体の変形により、違和感が出てることがあります。

少しでも違和感や痛みがあれば、お声がけください。

食べることは生きていく上で一番重要なことですから自分のお口に合った入れ歯を使っていきましょう♩

生えたての大人の歯は虫歯になりやすい?!

歯科衛生士の橋本です。

6~7歳は永久歯が生え始めたり、乳歯から永久歯に生え替わり始める時期です。

徐々に乳歯と交換で頭を出し始める永久歯や、乳歯の奥から順番に生えてくるものを含めると、上下で32本もの大人の歯が子供のお口の中には眠っています!

そんな永久歯、

実は生えたてだと虫歯になるリスクが高いことを皆さん知っていますか??

生えたての歯は、歯の表面の【エナメル質】が弱く、虫歯菌の出す酸によって溶かされやすいため、虫歯の進行が早いとされています。

また、特に奥の方に生えてくる永久歯は要注意!

①かみ合わせの溝が深く、複雑な形をしているため汚れが付きやすい

②生えている途中の歯はかみ合わせの歯としっかりとかみ合っていないため、「自然清掃」の効果が薄く汚れが残ったままになりやすい

③お口の奥に生えているので、手前の乳歯に隠れて歯ブラシの毛先がしっかり当たりにくく、磨き残しが多い

など、多くの理由があるんです。

虫歯を防ぐためには、食べ物や食べ方の習慣、適切な予防方法が重要となってきます。

中でも

生えたての永久歯に効果的なのはフッ素を使用すること!

継続的に歯の中にフッ素を取り込んでいくことで、歯自体が虫歯に対する抵抗力を高めていくことが可能です。

生えたての永久歯は虫歯菌の出す酸に影響を受けやすい分、フッ素を取り込む力もぐんと強いので、積極的に使用していきましょう!

フッ素を使ってても、基本的なこととしてやはり歯磨きが重要です。

お子様に自分で磨いてもらった後に、保護者が磨きにくい部分や細かい部分の仕上げ磨きをしましょう。

また、

食べ物や食べ方の習慣も虫歯には関わってくるので、子供の好きな甘いおやつや飲み物にも気をつけましょう!

特に長い間甘い味を楽しめる「アメ」や「キャラメル」などは歯の溝に残りやすいので、なるべく避けた方がいいです。

逆にキシリトール入りのガムは、噛むことで唾液分泌が多くなり唾液によって細菌を洗い流してくれる自浄作用が期待できます。

また、噛むことで顎の筋肉を使うため顎骨の成長が促進し、歯並びが悪くなるのを防ぐこともあるかもしれませんね。

最後に、歯の溝の虫歯を防ぐために有効的な【シーラント】という処置もご紹介します。

フッ素が配合されたレジンで歯の深い溝を埋めることで汚れや食べカスが隙間に入り込みにくくします。

適応年齢や、適応する歯なども変わってくるため、気になる方は病院にていつでもお声掛けください♪

生えたての永久歯が強くなっていくのには2~3年かかると言われています。

この間は特にむし歯予防を心がけましょう。

最終的に永久歯が生えそろうのは13~14歳頃になるため、普段の歯磨きとフッ素の使用を中心に、定期的な歯科検診をおすすめします!

こんな時だからこそ歯みがきが大事

こんにちは。丸尾歯科の冨田です。

日本医科医師会の国民向け動画「こんな時期だからこそ歯磨きが大事!」を紹介します♡

本動画は、豪快で細かいことにこだわらない、いつも明るく元気な料理愛好家の平野さんがリモート撮影して投稿しています。

オープニングでいきなりにんにくをガラスボールの底で叩き割るという演出が平野さんらしい。

ちなみに私は包丁の背で押し割ります^^

平野さんは、「歯みがきをしないと、口の中が汚れ悪玉菌が増え、ウイルスが増殖して細胞に入りやすくなる」などと、新型コロナウイルス感染が懸念され、自宅にいる時間が増えている

“こんな時期だからこそ”

しっかり歯磨きして口の中を清潔に保つこと口腔ケアの重要性、さらにお口が健康であることが免疫力アップにもつながる

と伝えています。

歯みがき以外にも舌ブラシによる「舌掃除」の有効性や、新型コロナウイルス感染拡大で歯医者に行くことをためらっている人には、かかりつけの歯医者に電話で相談することも勧めています。

平野さんのいうように「こんな時期だからこそ、健康のために歯を磨きましょう!」

テンポもよく、動画も1分53秒と見やすいのでオススメです。

日本歯科医師会では「いい歯は毎日を元気に」プロジェクト 国民向け動画を他にも色々と配信していますのでチェックしてみてください!

 

全国で緊急事態宣言が解除されましたが、

当院では当面、感染予防対策のレベルを堅持いつつ、歯科医療の提供をしていきます。

また、第2波、3波を見据えた口腔ケアの実践とご提案を行ってまいります!

子どもの飲み物

 

気温も高くなって、水分補給が大切な季節になりました。

お子さんはたくさん汗をかくので、大人以上にこまめな水分補給が必要ですね。

そんな時に選んで欲しいのはジュースではなく、お茶か水!

 

歯は日常の中で、

カルシウムが溶け出す脱灰と、

再び元に戻る再石灰化

くり返しています。

 

 

 

 

 

糖分を摂ることで細菌が酸を作り出し、お口の中が酸性になると、歯の表面からカルシウムが溶け出し脱灰が進みます。そこから唾液の働きでお口の中の環境が改善されると、再石灰化されて元に戻ります。

このバランスが崩れて、脱灰の頻度が多いと虫歯になってしまいます。

 

つまり、危険なのは…

●お口の中に糖分が入る回数が多いこと!

●だらだらとおやつをたべること!

●ちびちびとジュースを飲むこと!

これらは虫歯になるリスクをぐんと上げてしまうのです。

 

水分補給はお茶か水に。

 

乳酸菌飲料にも砂糖がたくさん入っているので気をつけましょう。

スポーツドリンクに含まれている砂糖にも要注意!

スポーツドリンクよりも経口補水液を選んでくださいね。

 

最後に食事の時の飲み物についてです。

食事中はなるべく飲み物を置かないようにして、食後に飲むようにするのがおすすめ。

食事の時に飲み物があると、あまり噛まずに飲み物で流し込んでしまうことも多いのです。

顎の発達や歯並びのために、流し込まずによく噛んで食べる習慣をつけたいですね。

 

歯科助手兼保育士 季羽まり子