一度治したら虫歯にならない?

こんにちは!

丸尾歯科、歯科衛生士の京極です。

ほとんどの方が今までに虫歯の治療を受けられたことがあると思います。

厚生労働省の調査によると成人の9割以上が虫歯になった経験があるというデータがあります。

みなさんの中にも何度も歯医者へ通って治療を受け、虫歯を治したのでもう安心と思われる方が多いと思いますが、実は、

一度治療をした歯の方が一度も治療を受けていない健全な歯よりも虫歯になるリスクが高いのです。

ではなぜ、一度治療した歯の方が虫歯になりやすいのでしょう?

まずは虫歯になる原因についてお話します。

「歯磨きをしっかりしてるから虫歯にならない」「しっかり磨いているのにまた虫歯ができてしまって、磨き方が悪いからかも…」と思われている方もいらっしゃると思います。

実は、

「歯磨き=虫歯予防」ではありません!

歯磨きで虫歯予防できるのは1割にも満たないのです。

虫歯になる原因には、虫歯菌の数、食生活、唾液量・歯の質などが関係しています。

虫歯菌の数が多い‥酸産生能の強いミュータンス菌やラクトバチラス菌が多いと虫歯リスクが高くなります。

食生活‥甘い物や炭水化物、酸度の高い食品をダラダラ食べる習慣は歯をもろくします。

唾液量・歯の質‥唾液が少ないと虫歯菌が作った酸を洗い流せず、再石灰化が弱くなります。フッ素入りの歯磨剤やジェルを使うことで歯の質が強くなり、耐酸性が強くなります。

虫歯になる原因は一人ひとり違うので、原因が違えば予防法も違います。

原因を調べるのは当院で行える唾液検査(サリバテスト)があります。

虫歯になる原因はお話した通りですが、

次は一度治療した歯の方がなぜ虫歯になりやすいのかについてお話します。

虫歯の治療は虫歯を削って、そこに詰め物や被せ物をして治療します。

一度治療した歯が再度虫歯になるのはこの詰め物や被せ物と歯との間にできた「隙間」が原因です。隙間ができるとそこに汚れ(細菌)が溜まりやすく虫歯になってしまいます。

詰め物にはコンポジットレジン、被せは金銀パラジウム合金(銀歯)があります。

これらは保険適用ですがコンポジットレジンは歯のエナメル質より軟らかいので噛んでいるうちに削れたり欠けたりしてその「隙間」から虫歯になりやすいです。

金銀パラジウム合金(銀歯)は硬く、耐久性はありますが硬いため周囲の歯と一緒にたわまないので周りの歯質が傷んだり、歯ぎしりなどで咬耗(咬みちび)が起きてきますが金属は変わらないので歯と詰め物の間に段差(隙間)ができ、そこから虫歯になってしまいます。

奥歯を白い被せで治すには自費になりますがセラミックになります。最近のセラミックは耐久性も出てきていますが、部分的に被せて境目が咬み合わせにきている場合、歯ぎしりがある方は薄い被せの際が欠けてしまうことで「隙間」が生じてそこから虫歯になってしまいます。

隙間」を生じさせにくい点では、金合金(ゴールド)は硬さが歯と同程度で歯と同じように咬耗し、咬む力が加わることで歯にピタリとフィットして歯に馴染むことで「隙間」ができにくいので、こちらも自費の被せですが虫歯になりにくくおすすめです。

虫歯は治したら終わりではなく、治療した所こそ虫歯になるリスクが高くなります。治療が繰り返されることでご自身の歯がどんどん少なくなり歯の寿命を縮めてしまいます。

ご自身の虫歯リスクを知る為に唾液検査を受けて原因を調べて対処したり、痛い所がなくても定期検診を受けて詰め物の周りのチェックを受け、必要であれば補修をしたり、歯科医院でのクリーニングや歯磨き指導を受けて新たな虫歯を防ぎましょう。

子どもの指しゃぶり、やめさせたほうがいいの?

丸尾歯科、保育士兼歯科助手の季羽です。

今回はお子さんの指しゃぶりのお話です。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時から指しゃぶりをしています。

これは、生まれてすぐに母乳を飲むために練習をしているのです。

生まれるとしばらくの間指しゃぶりをしなくなりますが、生後2ヶ月ぐらいから自分の指がお口の近くに来た時に反射的に吸うようになります。

徐々に自分の意思で手を動かせるようになってくると、、、

自分の指だけでなく、おもちゃなどいろいろなものをお口に入れるようになります

目で見て、手を動かして口まで持ってきて、口に入れて感触を確かめてみるという動きは、とっても大事!

遊びながら、体の協調運動を学んでいるのです!!

1歳までの指しゃぶりは、発達していく中での自然な行動なので、見守ってあげてくださいね。

歩けるようになるとだんだんと減ってきますが、眠い時や退屈な時、また気持ちを落ち着けるために指しゃぶりをすることも多いです。心配されるお父さんお母さんも多いと思いますが、3歳頃までは見守ってみましょう。

3歳頃になり保育園や幼稚園での集団生活の中で社会性が身についてくると、お友達の前で指しゃぶりをすることが「恥ずかしい」という気持ちが芽生えて、自然とやめるきっかけになることもあります。

乳歯が生え揃い、第二乳臼歯(一番奥に生えてくる乳歯)が噛み合うのが2歳半~3歳頃です。

3歳を過ぎてからも頻繁な指しゃぶりが続くようなら、噛み合わせや歯並びに影響が出やすくなるので、やめるようにしていきましょう。

指を吸う力で、歯や顎に力がかかるため、上の歯の歯列が狭くなったり、開咬(上下の歯を噛み合わせた時に隙間が空いている)や、上顎前突(いわゆる出っ歯)に繋がりやすくなります。

それにより呼吸や食事、発音に影響が出て、口呼吸になったり、くちゃくちゃと音を食べるようになったり、舌足らずな話し方になることもあります。

この時に気をつけたいのが、強く注意したり、叱ったりしないこと。子どもにはストレスになってしまいます。

まず指しゃぶりをしているのはどんな時かよく見てみてください。眠い時に指しゃぶりしているのであれば、寝かしつけの時に手を繋ぐようにしてみる。テレビを見たり退屈そうにしている時に指しゃぶりしているのであれば、お話をしたり一緒に遊ぶなど。どんな時にしているかによって、指しゃぶりをしないように気持ちをそらしてみましょう。

また3歳くらいになると、少しずつお話もわかるようになってきます。ただ「やめようね」と言うのではなく、なぜ指しゃぶりをやめてほしいか、お話してみましょう。歯並びへの影響を伝えるのは、お子さんにはなかなか難しいので…「手についてるバイ菌がお口の中に入ってしまうからやめようね」など、お子さんにもわかりやすい言葉で伝えてみてくださいね。

お誕生日や進級をきっかけに、「お兄さんお姉さんになるから、この日にやめようね」と目標を決めてみるのもいいかもしれません。

お父さんお母さんも気になってしまい、ついつい「またしてる!」と注意してしまいがちですが、「一緒に頑張ろう」という気持ちで応援してあげてくださいね。

初めて受診された時の流れ

こんにちは、事務長の亀田です。

今回は、初めて丸尾歯科にお越し頂いた時の流れを簡単に説明します。

①受付で保険証を確認します。

保険証を忘れてしまうと一旦10割で治療費をお支払い頂くことになりますので忘れずにお持ち下さい。(後日保険証を確認しましたらご返金しますのでご安心下さい)

②問診票(当院では予診票と言ってます)を記入して頂きます。

この用紙には、

・来院経緯(今回どうされたのか、何を見て来院されたか)

・既往歴(今までにかかったことのある病気や手術)

・現在受診されている病院

・現在飲まれている薬

などを書いて頂きます。

裏面には治療に関しての希望等を書いて頂きます。

③カウンセリングをします。

問診票を見ながらお話をお聞きします。

小さなお子さんや年配の方など付き添いの方がおられる場合は一緒にお話をしております。

◆お痛み等症状(しみる、欠けた、取れた、腫れた、親知らずを抜きたいなど)がある場合

1)どこの辺りがいつ頃からどのような感じでその症状になったのか簡単にお聞きしています(診療室に案内後、お口の中を見ながら詳しく確認します)

2)治療に関しての希望を確認します

   ・症状のあるところのみ希望か、全体治療希望か

   ・いつまでに治療を終えたいか

   ・痛みに弱いとか麻酔が苦手など

 ◆症状がない場合(検診、矯正、口臭外来など)

  1)検査の流れを説明します。

  2)矯正、口臭外来は保険外の診療になりますので検査の費用の説明をします。

④お口全体の検査の流れの説明をします

 1)お口の中の写真を撮ります。

  歯ぐきの炎症や磨き残しなど最初の記録になります。

 2)お口全体のレントゲン写真を撮ります。

  今までの治療の状態や治療必要なところがないか、歯ぐきの中の骨の状態の確認をします。

 3)歯ぐきの検査

  歯周病の程度の確認になります

 4)むし歯のチェック

  当院は機械を使ってチェックしています。(症状がなくてもむし歯になっている場合があります)

 5)ドクターがお口の中を確認します。

20200121_185202.jpg

◆症状がなければお口全体の検査を進めますが、症状があって治療が必要な場合には一部検査が後日になる場合がありますが、いずれにしても皆さんのお口の検査はさせて頂いております。

◎皆さんに

 今まで歯医者で嫌な思いをしたことがあればとお聞きしています。

これは、同じ嫌な思いをしてほしくないからです。

 少しでも安心して治療を受けて頂く為に、些細なことでも気になることや心配なことがあればお話下さると助かります。

ちょっと息抜き(^_-)-☆~歯ART美術館~

皆様、おはようございます、歯科衛生士の上田です。

世の中コロナコロナとコロナ騒動で大騒ぎで、お出かけもできず、遊びにも行けず、悶々とステイホームの方が多いと思います。

そんな私も仕事の休みはステイホームで、おうち時間をどう過ごそうか悩んでます"(-""-)"

そこで気分だけでもお出かけ~と写真の整理をしていて見つけた「歯の写真」

3年前にお邪魔した香川県高松市にあります、歯ART美術館です!!

お遍路の途中で発見して立ち寄りました。

「歯」と見るとついつい近寄ってしまいます( ´∀` )

建物の周囲には歯にちなんだオブジェがズラリと並んでいます。その中でも気に入ったものを~(^^♪

愛媛県立砥部動物園でも、毎年6月に「カバさんの歯磨き」を行っていますが、

ここにも居ました!カバさん~(^^)/(^^)/

ちゃんと歯ブラシも付いてますよ♪

 この妖精は、この美術館を運営している和田精密技研さんのマスコット。

ここで小話『TOOTH FAIRYプロジェクト』

先々週のブログでお話した歯科治療で使われる金属ですが、歯科治療や入れ歯には様々な金属を使用します。その金属のほとんどは金やパラジウムの高価な金属です。

除去した被せや新しく作り直して不要になった義歯は再利用できないため廃棄してしまいます。

この廃棄する金属をたくさん集めてリサイクルすることで、世界の子供たちを支援する資金となります。

歯科医師だからこそできる社会貢献です。

本当に支援の必要な子供たちに、TOOTH FAIRYからの夢や希望を与えるプレゼントです!

当院でも患者様のご協力でたくさんの金属を寄付しています。

現在、参加歯科医院は6807医院

換金総額は約17億8000万円だそうです!すごい!!

これからも支援を続けようと思います。

さて、話を戻して~

 昔の診療台です。時代を感じます。

 これ、全部、入れ歯なんですよ!!研究用に集められた義歯5000個です!

 毎月8日には歯ブラシ交換の日だそうです!

歯ブラシは消耗品なので交換が必要ですね。でも、いつ交換して良いのか分からないと言われる患者様は多いです。

もちろん毛が広がったら交換するのは当たり前ですが、正しい歯磨きを行っている人はなかなか広がらないものです。じゃあ、広がるまで使っていいのかと言うと、そうではありません!

毎日使用する歯ブラシですが、見た目の変化がなくても実は、大切な毛先はちびて丸くなってしまい弾力も毛のコシもなくなります。そうなると新品時期のブラシと比べると柔らかく感じ、ついつい歯磨きの力が入ってしまい歯茎や歯を傷つけてしまうのです。

そこで明確な交換時期として1か月といわれています。

これを機に毎月8日に歯ブラシ交換してブラッシングの質を上げてみませんか?

話しが脱線しっぱなしですが、、、コロナが終息して高松に行かれる際にはぜひ立ち寄ってみてください。

家にいてもできること

たくさん探して、有意義なおうち時間をお過ごしくださいね。

上田

ファイバーコアについて

こんにちは!丸尾歯科・技工士の池山です。

皆さん、ファイバーコアって聞いたことありますか?

コアとは歯の土台のことです。

むし歯がひどいために歯の神経をとった歯に冠(かぶせ)を装着するため、失った歯の部分を補強するためのものです。

コアの材質は金属(銀合金)やレジン(プラスチック)がほとんどでしたが、最新技術のグラスファイバーを用いたものがファイバーコアです!

グラスファイバーの繊維を何重にも束ね、一つの棒状にして専用のレジン(特殊な樹脂)と一体化し、象牙質とほとんど同じ硬さ,、弾力になっています。

そのため歯や歯根に力が加わった時に、一緒になって揺らぎたわんでくれる、いわば耐震性の土台です。

つまり、

歯を出来るだけ長持ちさせるために、考案されたのがファイバーコアなのです!

(写真 上がファイバーコア、下がメタルコア)

☆ファイバーコアのメリット

1、歯根の破折の防止効果が高い

ファイバーコアは強度と弾性があるので、歯を割れにくくできます。金属の土台は歯にとっては硬すぎてたわみに耐え切れなくなり根がヒビ割れてしまうことがありますが、ファイバーコアは象牙質と一体化し、根の破折を防止する効果が高いといわれています。

2、メタルフリーによる高い審美性を実現

色調が歯冠色なのでセラミックなどを被せた時に、金属の土台は透けて黒く見えることがありますが、ファイバーコアは天然の歯に近い色にできます。

3、歯ぐきが黒くならない

金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配がありません。特に前歯ではファイバーコアでの治療がお勧めです。

4、歯を削る量が少ない

ファイバーコアは残っている歯の根の削除量を最小限に出来ます。残っている歯質を可能な限り残しながら、歯を強化することが可能です。

5、再根管治療時にポスト撤去が容易

もし再度、根管治療が必要になった場合、土台を除去しなければなりません。その際金属よりも、歯に与えるダメージが少なくてすみます。

★デメリット

1、自費になり、上にくるかぶせも保険適用外になります。

2、歯の根っこの残ってる量が少ない時はできません。

できるだけ、ご自身の歯の寿命を伸ばしてあげるための治療として、ファイバーコアをオススメしています。もちろん、歯科治療に何を求めているかは、患者さんの価値観によって異なることと思います。ただし、歯を少しでも長持ちさせたいという思いは、共通のものではないでしょうか。そのためにも、患者様には様々なメリット・デメリットをご説明し、ご自身で治療法を選んでいただけるようスタッフ一同心がけています!!

どうぞ、お気軽にご相談ください。

保険の銀歯は何の金属?

こんにちは。丸尾歯科技工士の安波です。

保険診療の被せや詰め物に使われている銀歯は何の金属(成分)なのかご存知の方は少ないと思います。

銀歯だから殆ど銀でしょ!?って思っている方も多いのではないでしょうか。

(確かに銀が一番含まれていますが。)

銀歯に使われている金属は金銀パラジウム合金、

業界では金パラと呼ばれる合金が用いられています。

「銀歯なのに金が?!?!」

そうなんです、びっくりですね!

金銀パラジウム合金は名前の通り、

金と銀とパラジウムを主成分とする合金で、

金が12%、銀が46%、パラジウムが20%、他に銅や亜鉛などが含まれています。

(メーカーによって金以外の成分量は少し違いがあります。)

金が12%も含まれているのです!!!!!!!

保険診療のクラウン(被せ物)、インレー(詰め物)、ブリッジなどに使われます。

金が12%入っていても見た目は銀色なので銀歯って呼ばれても仕方ないですね^_^

そしてもう一つ驚かれるかもしれませんが、

歯に被せる銀歯や銀色の詰め物に使われるこれらの合金は欧米など先進諸国では現在使用されていないんです。

世界で日本だけしか使われてないのです😥

今の保険用金属の規格が定められたのは1960年頃で今も未だ使用されているのです。

今では日本人の口の中は銀色の金属だらけになってしまいました。

とはいえ保険診療に安価な金属が導入されたことで歯科治療が抑えられました。

がしかし、当時安価だったこの金属ですが、ここ数年の金価格の高騰、レアメタルのパラジウムの高騰で金銀パラジウム合金の価格が急騰しています。

そのようなこともあり、昨今になって

日本でもメタルフリー(金属を使わない)の流れになっています。

保険でも奥歯の一部で白いプラスチックの材料が被せに使われるようになりました。

しかし材質的には強度の問題などもあり、金属と比べ一長一短というところです。

流れ的に、近い将来は金属を使用しない方向になっていくのは間違いないようです。

お米を食べよう

 

お子さんの主食は、

パンよりご飯を食べましょう!

 

お米は収穫されてから精米などはされていますが、

何も加えられていない自然のもの✨

 

一方パンはというと…

小麦を粉にして、いろいろな物を加えて練り上げて焼いている加工品です。

 

これは食パンの原材料です👆

砂糖が使われています。

砂糖はむし歯のリスクを上げるのは、皆さんご存知ですよね。

また、食パンを食べる時にはジャムやバターを塗ることも多いはず(^_^;)

 

そして、お米は粒ですが、パンは粉。

 

お米はしっかり噛むことで甘味も感じられ、唾液も出てきて飲み込めますが、

パンはよく噛んでも飲み物で流し込んでしまうことが多いのです。

 

お米はパンに比べて虫歯リスクを減らせるだけではなく、よく噛むことにも繋がります!

よく噛んで食べることは、将来の顎の成長や歯並びにも繋がりますよ(^-^)

パンは手軽に食べられて便利ですが…おうちで過ごす時間が長くなった今だからこそ、パンよりお米を食べてみませんか??

 

丸尾歯科 保育士兼歯科助手 季羽まり子

 

歯石とは?

こんにちは、歯科衛生士の藤田です。

今日は知っているようでよく知らない

歯石についてお話します。

歯石とは、長期間除去されないままになっているプラーク(細菌の塊)が唾液中のカルシウムなどによって石灰化したものです。

歯石そのものに直接的な病原性はありませんが、歯石の表面はザラザラしているため、プラークが付きやすくなります。

プラークが蓄積されると歯ぐきに炎症をもたらす原因となります。

歯石には歯ぐきより上に出来るもの(縁上歯石)と、下に出来るもの(縁下歯石)があります。

どちらも歯石になってしまうと歯ブラシでは取れません。

歯科医院でスケーリングをしないと除去出来ないため、こまめにメンテナンスへ通い、歯石を除去しましょう。

離乳食をはじめる前に…

 

食べ物に興味が出てきたり、おもちゃを口に入れるようになったら…

離乳食をはじめる前に

「あぐあぐ」の練習をしてみましょう!

 

「あぐあぐ」とは実際に食べるのではなく、お口を動かす練習のことです(*^^*)

 

用意するのは、キャベツや白菜の芯、小松菜の茎など繊維質で実際には噛みきれないもの。

お子さんが手に持てて、飲み込めないような大きめのサイズに切り、さっと茹でましょう。

生だと、ポキッと折れて小さくなってしまうので、茹でてくださいね。

 

お子さんの手に持たせてあげて、お口に入れすぎたりしないよう、必ずそばで見守ってあげてください。

おもちゃを口に入れるようになってくる時期なので、そのおもちゃを野菜に変えてあげるような感覚です(^-^)

 

食べる姿勢はとっても大切!

頭を支えるためには、体幹の安定が必要です。

 

このあぐあぐの練習の時にも、姿勢に気をつけましょう。

ベビーソファーなどに座らせるのではなく、

お母さんのあぐらの中でお座りさせて、支えてあげるようにすると良いです♪

 

「あぐあぐ」の練習によって、噛む力が育ちます。

お口を動かすことで出てきた唾液を、お口を閉じて飲み込むという練習にもなります。

 

これは実際に離乳食を食べる時にとっても大事なんです(*^^*)

手づかみ食べの練習にもなりますよ。

そろそろ離乳食を始めようかなと思っている方、ぜひ取り入れてみてくださいね♪

 

丸尾歯科 保育士兼歯科助手 季羽まり子

 

親知らずを抜かれた方へ

こんにちは!歯科助手兼受付の兵頭です(^_^)/

今回は親知らずを抜かれた方へ、抜歯後の注意点についてお話したいと思います♩

 

①抜歯時に麻酔を使用しています。頬や唇を噛んでしまう恐れがあるので、麻酔がさめてから食事するようにしましょう。

麻酔の切れる時間には個人差がありますが、だいたい1時間前後です。頬っぺたや唇を触って左右同じ感覚になってれば麻酔が切れた証拠です。

特に小さいお子様は、痺れてる事を面白がってほっぺたを噛んでしまい怪我することもありますので保護者の方は時々お子様を観察しましょう!

 

②抜いた後、多少出血しています。血の巡りが良くなるような激しい運動(ランニングや水泳など)、抜いた当日の飲酒、長時間の入浴やサウナ(お風呂はシャワー程度で済ませると良いでしょう)は避けるようにしましょう。

 

③痛みや腫れが出る場合があります。麻酔の切れ始めに痛みが出そうになったら早めに痛み止めを飲みましょう。

もし冷やしたい時は、濡れタオルで冷やすようにしましょう。保冷剤で冷やすと出血がしこりの原因となることがあるので、注意してください。

 

④抜いた当日は、ゆすぎすぎたり、気になって抜いたところを触るなどは、血が止まりにくくなるため、控えましょう。

 

 

よく患者さんから「腫れますか?」とご質問があります。

“人による”としかお答えできませんが、

抜いてから36〜48時間が最も腫れやすいと言われています。

 

他にも「食事はしていいの?」と聞かれることがありますが、

麻酔が切れたら食事していただいて問題ありません。

 

しかし、下の親知らずを抜かれた方は、抜いた所に食べ物が詰まりやすくなっているので、翌日以降は食べた後はしっかりゆすぐようにしてみてください。

決して詰まった食べ物を除けようと爪楊枝でつつくのは出血や感染の危険があるので絶対にしないでください。

 

初めて抜くという方や緊張される方もおられらと思います。

心拍計でモニタリングして患者様の反応を見ながら、声かけをして治療を進めていきますので、安心してお越しください♩(^_^)